審査に通らないとカードローンは意味がない

カードローンはどれだけ優れた条件であるとしても、どれだけ早くに借りられる内容となっていても、審査に通らないと意味がありません。借り入れの条件にしても借りるスピードにしても審査に通過をして契約ができた後の話となるので、そこまでたどり着けない審査落ちとなってしまっては何の意味もないのです。

 

この点を軽視してしまい、金利ばかりに目を取られて通る見込みがない低金利のカードローンに申し込みを進めてしまう方がいます。借りられればラッキー、審査落ちとなれば他に申し込めば良いなどと考える場合もありますが、一度でも審査に落ちると他のカードローン審査にも悪影響を与えることを忘れてはなりません。

 

現在のカードローンの審査は信用情報機関へ照会を行い、クレジット履歴を元にして貸付が可能かの判断が下されます。その際に見られるのは利用状況だけでなく申し込みの履歴も含まれており、CICに半年間は記録されている申し込みの履歴が多く積み重なっていると、カードローンの審査では不利となってしまうのです。

 

通る見込みが無いのに、審査に通ればラッキーと低金利や好条件のカードローンに立て続けに申し込みを行い、全てが審査落ちとなってしまった場合には、信用情報機関に余計な履歴が積み重なることとなります。その後に他のカードローンに申し込みをしても履歴がネガティブに扱われて審査落ちとなる可能性があり、結果としてどこからも借りられなくなってしまうのです。

 

無謀な申し込みは自身の信用情報を汚すだけなので、金利が低いカードローンや好条件の借り入れ先は審査通過が難しいと考えられるなら、中堅どころのダイレクトワンで借りる審査を受けてみると良いでしょう。消費者金融の中でも大手とは異なる審査基準を持っているため、安定した収入がある方なら借りられる可能性があります。